コワオ KOH WAO

【最大水深】
15m
【平均透明度】
10m
【潮流】
湾内なので無し
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング(浅瀬の砂場を潜る)。
【レベル】
浅い砂地なので初心者に最適だが、生物層から見るとフィッシュウォッチングやカメラ派向け。

画像添付予定



【ポイント見所情報】
国立海洋公園になっているアントン諸島の北部に位置する、切り立った岩で囲まれた湾内で、水中はサンゴ、砂地、岩のオーバーハングと変化に富んでいる。流れもなく浅いため、ジックリ潜りたいカメラ派などにお勧め。砂地には図鑑未記載種のイトヒキハゼの仲間の黄化固体などの共生ハゼが多く、サンゴのエリアにはヒレナガスズメダイの幼魚など各種スズメダイ、時にはアオリイカの産卵も見られる。浅場にもかかわらずタイワンカマスやキンセンフエダイ、ホソヒラアジなどが大きな群れを作ったり、オーバーハングには大型のアカマダラハタが潜んでいることもある。センジュイソギンチャク(もちろんハナビラクマノミに共生している)の触手の色が、タオのものより鮮やかなのもフォトジェニック。
[PR]
by jtdnet | 2004-11-19 17:19 | サムイ島ポイント情報
<< セイルロック SAIL ROCK グリーンロック GREEN ROCK >>