カテゴリ:シミラン諸島ポイント情報( 5 )

イーストオブエデン EAST OF EDEN

【最大水深】
35m
【平均透明度】
20~40m
【潮流】
中~強
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。なだらかなリーフ沿いダイビング。
【レベル】
中級者~上級者。
ヒーリング派向け。サンゴ礁が多いので、要浮力コントロール。
b0067628_2283892.jpg


【ポイント見所情報】
シミラン諸島を代表するダイビングポイント。水深5mから一気に深場に落ちるスロープにはビッシリとハードコーラルが群生し岩の根はソフトコーラルで埋め尽くされ紫や赤に見える。その上にはインド洋固有種の魚が躍る。流れに向かって顔を向けるハナダイの群れやスズメダイ達。水底にはアケボノハゼやヒレナガネジリンボウなどのハゼ、中層には色とりどりのフュージュラーの群れ、時にはマンタやリーフシャークが通ることも。ダイビング後にアンコールリクエストを受けることもしばしば。
[PR]
by jtdnet | 2004-11-18 22:15 | シミラン諸島ポイント情報

エレファントヘッド ELEPHANT HEAD ROCK

【最大水深】
40m
【平均透明度】
20~40m
【潮流】
中~強
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。幾つかの切り立った岩の周りをまわるスタイル。
【レベル】
中級者~上級者。地形派。カメラ派向け。
b0067628_2205481.jpg


【ポイント見所情報】
島と島の間にポツンと浮かぶ巨岩でその形が象の頭に似ていることからエレファントヘッドと名づけられたポイント。水中もたくさん鎮座する巨岩は潮に削られ丸っこい不思議な形をしている。透明度が良いため岩が重なってできたアーチや隙間を泳ぎながらダイビングすると爽快!水底を探しているとハナヒゲウツボに会えたり中層にはフュージュラーの群れにロウニンアジが目を光らせ捕食の機会を窺い緊張感が漂う・・・シミラン諸島での一番の地形ポイントと言っても過言ではないだろう。
[PR]
by jtdnet | 2004-11-18 22:00 | シミラン諸島ポイント情報

コボン KOH BON WEST EDGE

【最大水深】
40m
【平均透明度】
15~30m
【潮流】
中~強
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。島の先端を周るスタイル。
【レベル】
中級者~上級者。ワイド派、アドベンチャー派向け。中層を泳ぐこともしばしばあるので要浮力コントロール。
b0067628_21493698.jpg


【ポイント見所情報】
コボンの南西の先端にあり、マンタがコンスタントに見られることで有名。クリーニングステーションではないが、丁度潮があたるため、彼らに格好なレストランになっているようだ。潮の流れに対し、悠々とホバーリングしている姿は美しい。大物だけのみならず、宝石のようにキラキラしと一生懸命泳いでいるスカシテンジクダイの大群や、アンダマンスイートリップス、イエローバックフュージュラーなどの固有種も見逃せない!!そして根の先端には、トラフザメやブラックチップなどのサメも見れる。
[PR]
by jtdnet | 2004-11-18 21:50 | シミラン諸島ポイント情報

コタチャイ KOH TACHAI TWIN PEAKS

【最大水深】
25m
【平均透明度】
10~25m
【潮流】

【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。隠れ根。
【レベル】
中級者~上級者。アドベンチャー派、フィッシュウォッチング派。
流れが当たることが多いので要浮力コントロール。
b0067628_2137218.jpg


【ポイント見所情報】
名前の由来ともなっているようにタチャイは南北に2つの根がある。メインとなっているのが南の根。タチャイで潜ると「魚に酔う」。これでもかっ!という程の大小様々な魚の群れ・群れ・群れ!スズメダイをはじめハナダイ系からバラクーダたち。ツバメウオのクリーニングステーションやオーシャニックトリガーフィッシュの産卵巣も健在している。アンダマンアンチョビをカスミアジやロウニンアジが捕食するシーンなども見られて迫力満点。ここもジンベイやマンタが現れるポイントとして有名なポイントである。
[PR]
by jtdnet | 2004-11-18 21:38 | シミラン諸島ポイント情報

リチェリューロック RICHELIEW ROCK

【最大水深】
30m
【平均透明度】
10~30m
【潮流】
中~強
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。隠れ根の周りに沿って潜るスタイル。
【レベル】
中級者~上級者。マクロ派からワイド派まで。オールマイティー派向け。

b0067628_2003318.jpg


【ポイント見所情報】
スリン海域の海洋にポツンと突き出た岩の根リチェリューロックはダイバーなら誰でも一度は逢いたいジンベエザメが回遊してくる事で一躍有名になった。干潮時には先端のみが見え隠れする根の南から東にかけて深くなり、潮通しが良く、中層にはバラクーダ、ギンガメアジ、ツムブリなどの大群が回り、岩の亀裂を覗けば、フリソデエビ、ニシキフウライウオ、イザリウオ、タツノオトシゴ、クリーナーパイプフィッシュなどのレア物たちが潜んでいたりする。「これこそダイビングだ!」と言える1本を楽しみ事ができる。タイ国でNO.1のポイントと言っても過言ではない。感動で涙するダイビングはいかがかな?
[PR]
by jtdnet | 2004-11-18 20:01 | シミラン諸島ポイント情報