スマトラ沖地震後の水中サーベイ報告書 

今回の津波により、プーケット周辺及びシミラン諸島におきまして、タイ政府のオフィシャルな報告書が出来上がりました。詳細は、右のカテゴリーより、ご覧ください。
[PR]
# by jtdnet | 2005-01-16 23:59 | 最新ニュース

JAPAN THAILAND DIVING NETWORK

タイは太平洋側に属する『シャム湾』とインド洋に属する『アンダマン海』のふたつの海を持ち合わせている世界でも稀なところです。その中でも、タオ島、サムイ島、カオラック、プーケットと様々な顔を持ち合わせています。

b0067628_1915518.jpg



各エリアで活躍中のダイビングサービスが手を合わせ、日本のダイバーの皆様に幅広く情報を発信していくことにより、よりタイでのダイビングシーンを身近に感じていただくことができればと思い、各サービスが共同で運営するネットワークを設立いたしました。

そのネットワークが『JAPAN TAHILAND DIVING NETWORK』です。

どんどんと新しい情報を発信していきますので、右欄の各サービスのホームページへのリンクとエキサイトブログへ、どうぞ、お進みください。また基本情報などは同じく、右欄のカテゴリーよりご覧ください。
皆様のタイへの旅が素晴らしいものになりますように。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 19:27 | JTDNETとは

役立つインターネット

【ぶらりタイランド】
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 18:09 | タイ基本情報

セイルロック SAIL ROCK

【最大水深】
35m
【平均透明度】
15m
【潮流】
逆らって泳げないほどの流れにはめったにならないが、潮の抜けるコーナー付近では速くなる事がある。
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。ドロップオフ沿いに泳ぐウォールダイビング。
【レベル】
潜降ラインを設定するので初心者からでもOKだが、中層を泳ぐため、浮力コントロールが出来る事が望ましい。
b0067628_159135.jpg


【ポイント見所情報】
海の真ん中にポツンと突き出た岩礁で、水中では円錐形に広がり、ドロップオフがあるかと思うと、張り出した岩や隠れ根、「チムニー」と呼ばれる縦穴など、ダイナミックな地形が面白い。また、陸地から離れているので、当然魚の「溜り場」と言っていいほど魚影が濃い。ギンガメアジやバラクーダなどのヒカリモノやツバメウオ、フュージュラーの群れが常連で、夏場にはジンベエザメが居つくこともある。砂地のメタリックシュリンプゴビー、チムニー内の甲殻類やパイプフィッシュ、アカオビハナダイなど、探してみるとマクロも豊富で楽しみの尽きないポイントである。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 17:30 | サムイ島ポイント情報

コワオ KOH WAO

【最大水深】
15m
【平均透明度】
10m
【潮流】
湾内なので無し
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング(浅瀬の砂場を潜る)。
【レベル】
浅い砂地なので初心者に最適だが、生物層から見るとフィッシュウォッチングやカメラ派向け。

画像添付予定



【ポイント見所情報】
国立海洋公園になっているアントン諸島の北部に位置する、切り立った岩で囲まれた湾内で、水中はサンゴ、砂地、岩のオーバーハングと変化に富んでいる。流れもなく浅いため、ジックリ潜りたいカメラ派などにお勧め。砂地には図鑑未記載種のイトヒキハゼの仲間の黄化固体などの共生ハゼが多く、サンゴのエリアにはヒレナガスズメダイの幼魚など各種スズメダイ、時にはアオリイカの産卵も見られる。浅場にもかかわらずタイワンカマスやキンセンフエダイ、ホソヒラアジなどが大きな群れを作ったり、オーバーハングには大型のアカマダラハタが潜んでいることもある。センジュイソギンチャク(もちろんハナビラクマノミに共生している)の触手の色が、タオのものより鮮やかなのもフォトジェニック。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 17:19 | サムイ島ポイント情報

グリーンロック GREEN ROCK

【最大水深】
25m
【平均透明度】
15m
【潮流】
北東からの流れが強くなることがたまに有る
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング。
【レベル】
初心者からOK、地形派及びマクロ派向け。
b0067628_1513197.jpg


【ポイント見所情報】
ナンーユアン島のすぐ北に位置する隠れ根で、陸上と同じように岩が複雑に重なり合っている。くぐり抜けられるスイムスルーが何ヶ所も有り、地形派に絶大な人気を誇るラビリンス。穴の中にワヌケヤッコやチョウチョウコショウダイが潜んでいたり、砂地にはトウアカクマノミやイソギンチャクエビなどもいるし、穴をのぞいてみると、ミスジアカヒレイシモチの幼魚やジャンズパイプフィッシュ、コミナトテンジクダイなど、ちょっとレアな小物もいっぱい。岩の壁にはヒブサミノウミウシなどウミウシの仲間も多く、他にもタテジマヘビギンポやフタイロサンゴハゼなど、マクロは目一杯楽しめるポイント。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 17:07 | サムイ島ポイント情報

チュンポンピナクル CHUMPON PINNACLE

【最大水深】
35m
【平均透明度】
20m
【潮流】
弱~ごくまれに若干強め。
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング(ワイドメインのダイブ)。
【レベル】
初心者。
b0067628_1514403.jpg

【ポイント見所情報】
タオ島を代表する3大ピナクルの1つで、タオ島から北西に30分(スピードボートで10分)ほど行ったところにある隠れ根。水深30mからそびえたつこの根は、一番浅いところで14m程度、根の上側にはセンジュイソギンチャクとハナビラクマノミがダイバーを歓迎する優雅なカーペットを織り成している。いまでは、タオ島のみでなくタイを代表するポイントの1つである。その年によって出現する時期は違うが、毎年2週間~1ヶ月ほどジンベエザメが居つくことでも有名。ほかにはピックハンドルバラクーダの群れや、ギンガメアジ、ヨコシマサワラ等の群れがみられ、ダイナミックな地形が楽しめる。水深30m付近にはタオ島周辺に生息する唯一のハナダイであるアカオビハナダイの大きなコロニーなどもあり、マクロも侮れない。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 16:58 | タオ島ポイント情報

ホワイトロック&ブラックロック WHITE&BLACK ROCK

【最大水深】
25m
【平均透明度】
15m
【潮流】

【ダイビングスタイル】
ボートダイビング(マクロメインのダイブ)。
【レベル】
初心者~上級者。

b0067628_15164359.jpg
【ポイント見所情報】
タオ島から約15分、ホワイトロックと呼ばれる大きな岩を中心にしたポイント、かなり広いポイントでそのエリアを北のホワイトロックを中心としたエリアをホワイトロック、南の突き出た岩を中心としたブラックロックの2つに分かれる。ホワイトロックは水深が最大で15m程度で透明度がよく色彩豊かでリラックスしたダイビングが楽しめ、ブラックロックではバーガンディーパートナーゴビー、フタホシタカノハハゼ、ゴルゴニアンシュリンプなどが多く生息、フォト派にとってはぜひ抑えておきたいポイントである。
個体数が少なくなかなか発見するのが難しいため、ガイドが血眼になって探すヒレナガネジリンボウがいるのもこのポイント。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 16:49 | タオ島ポイント情報

ツインズ TWINS

【最大水深】
15m
【平均透明度】
15m
【潮流】

【ダイビングスタイル】
ボートダイビング(マクロメインのダイビング)。
【レベル】
初心者~上級者。
b0067628_1519856.jpg


【ポイント見所情報】
3つの島が1つのビーチでつながるナンユアン島の西に広がる湾に位置するポイント。水深8mと10mのところに、ほぼ同じ大きさの根が存在することからツインズと呼ばれている。このポイントも水深が浅く透明度が良いため、白砂の水底と青い水に浮かぶウメイロやタカサゴの群れが、日ごろのストレスを解きほぐしてくれる。リラックス派にはたまらないポイント。1つ目と2つ目の根の間には、元祖タオ島のアイドルのトウアカクマノミが三世代に渡って一生懸命にタマゴに新鮮な水を送り、新しい生命が誕生するのを待ち望んでいる微笑ましい姿が観察できる。スノーケリングにも非常に適したポイントで、ダイバーのみならず、スノーケラーにも非常に人気のあるポイントである。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 16:40 | タオ島ポイント情報

ラチャヤイ島 RAJA YAI

【最大水深】
18~30m
【平均透明度】
10~25m
【潮流】
弱~中
【ダイビングスタイル】
ボートダイビング(時にドリフトダイブ)。
【レベル】
初心者~上級者。生態の幅が広く、カメラ派、ヒーリング派向け。
b0067628_16291624.jpg


【ポイント見所情報】
プーケットから約南南西の方向23~24kmに浮かぶ島で、プーケットより片道約1時間30分。島の周囲はサンゴ礁に囲まれキレイなビーチがある。島の周囲にいくつものダイビングポイントがあり島一周ほぼどこでも潜ることができる。おすすめのダイビングポイントは「スタックホーンリーフ」ドリフトスタイルの楽チンダイビングで潜るこのポイントは水底に広がる枝サンゴに棲むスズメダイの群れや中層を泳ぐタカサゴやタイワンカマスの群れ、ときにはギンガメアジの群れに会えることも・・・。
[PR]
# by jtdnet | 2004-11-19 16:29 | プーケットポイント情報